So-net無料ブログ作成

黄色じん帯骨化症のソフトB大隣、克服へ向け今月手術 [黄色じん帯骨化症]

大隣.jpg
国指定の難病"黄色じん帯骨化症"と診断された
ソフトバンクホークスの大隣選手(28)が、
回復へ向け、今月中に手術を受けるようです。

 

先月5/31の広島戦に登板した大隣選手ですが、
3回途中で降板。
このとき足の裏の感覚がなかったそうです。

実戦に復帰するには半年以上かかるという見通しのため、
今シーズン中の復帰は難しいようですね。

 

大隣02.jpg
今年3月、日本を熱くさせたWBCの
侍ジャパンのメンバーにも選出された大隣選手ですが、
4月上旬に足先のしびれを訴え、その後の精密検査でこの難病が見つかったようです。

 

この聞き慣れない"黄色じん帯骨化症" という病気は、
いったいどのような症状なのか、気になったので調べてみました。

【黄色じん帯骨化症】
黄色.jpg

 

脊髄の後ろにある椎弓と呼ばれる部分を上下につなぐ黄色靱帯が、
骨化して脊柱管内の脊髄を圧迫するというものだそうです

 

症状としては下半身にしびれがみられ、
症状が進行して行くと両足がマヒしてしまうこともあるそうです。

 

この病気を発症する年代は20歳以降で、
一般的には40歳以上が多くみられるようです。

 

腰の病気としては、椎間板ヘルニアなどが有名ですが、それと違い
この"黄色じん帯骨化症"は原因が未だに解明されていないために
難病指定されているようです。

大隣選手が受ける手術というのは、
脊髄の神経を圧迫している骨化した部分を取り除いて
症状を和らげるというもの。

野球の投手は接触スポーツではないので、
術後の経過次第では、現役復帰も可能ということです。

この病気が進行して行くと、転倒や歩行不可を引き起こし、
日常生活もままならなくなるケースもあるということです。

 

今シーズンは絶望的といわれていますが、
過去に同じプロ野球界でこの病気にかかり、
復帰した選手もいるので、

 ぜひ大隣選手には、頑張って復活してもらいたいですよね!!
28歳だし、若さで乗り越えてほしいです

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
日々の行い
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。